転職や就職に役立つ資格|宅建勉強方法を紹介

就職や転職に役立ちます

勉強

過去問の暗記が効果的です

宅建試験は、宅地建物取引士試験の略称です。不動産取引を行う会社は、従業員5人に1人以上の割合で宅地建物取引士の資格を持つ者を設置する必要があります。宅地建物取引士の資格を持った者は、不動産業界での就職や転職の際には、有利となります。また、資格手当を支給している不動産会社もあります。宅地建物取引士は、不動産売買や不動産賃借において仲介を行い、不動産売買契約の際に立ち会い重要事項の説明等を行います。宅地建物取引士になるには、宅建試験に合格する必要があります。宅建試験は、毎年10月の第3日曜日に全国各地で実施されます。宅建試験は、多数の者が受験する資格試験の一つです。宅建試験は、権利関係、法令上の制限、宅建業法、税その他の分野から50問出題されます。回答は4つの選択肢から1つを選択する形式です。不動産業界で働く人は、一定の講習を受講することで、5点免除の制度を受けることができます。宅建試験では、過去に出題された問題の類似問題が出題される傾向があります。そのため、テキスト中心の学習を行うよりも、過去問中心の学習を行うことが効果的です。テキストや問題集については市販のものよりも、専門学校等が作成しているものを使用する方が効果的です。宅建試験に合格するのは、法令や基準などを暗記する必要があります。暗記する際には、単語カードを使用したりや語呂合わせなどを行うことが効果的です。試験直前には、専門学校等が実施する直前講座や直前模試などを利用することが効果的です。