転職や就職に役立つ資格|宅建勉強方法を紹介

試験内容と勉強方法

メンズ

通信または通学がおすすめ

国家資格の中でも特に人気があるのが、宅建です。不動産業界に勤めている場合、業務上必要であるため会社から奨励されて試験を受けさせてもらえ、さらに手当が付く会社もあります。そのため受験者は、不動産業界に勤めている人、または就職や転職したい人が多いのですが、何も不動産関係者だけでなく不動産と全く関係ない業種の人も知識を見つけて仕事の幅を広げたいという理由から受験されています。宅建の資格試験は、権利関係、宅建業法、法令上の制限、税その他の4つの分野から出題されます。全50問で4択問題です。4択からひとつ正解を選ぶマークシート形式の試験なので、もしかしたら合格するかもという理由から受験しやすい資格ですが、合格率は毎年15%前後の難関試験です。正しいものを選べ、誤っているものを選べという設問や正しい組み合わせを選べ、正しいものはいくつあるかなどシビアな問題も多数あります。宅建資格の効果的な学習方法ですが、専門学校に通学するか通信講座を利用するかです。通信講座で学習するメリットは、自分のペースで進められることです。あらかじめ決められたカリキュラムに沿って学習を進めますが、通学と比べると学習室が無い分費用も安く抑えることができ、専門学校に異動する時間を学習時間にあてることもできます。独学だと、宅建試験に関する最新情報を入手しづらいデメリットがありますが、通信講座はそういった情報も提供してくれるので通学と独学の両方のメリットを併せ持っています。