転職や就職に役立つ資格|宅建勉強方法を紹介

持っていて損はないから

資格にもさまざまな種類がありますが、本当に役立つとして注目されている資格に宅建があります。宅建は就職や転職に有利に働くことはもちろん、独立やスキルアップといったことも可能なため、多くの人たちが資格取得を目指して学んでいます。

取得するためには

勉強

いろいろな方法の中から

業種としては不動産業や金融業から求められる傾向にある宅建資格所有者ですが、そういった業界の関係者はもちろん、まったく無関係の人でも宅建の資格取得を目指す人も多いです。職種を問わず誰でも資格試験に挑むことが可能です。そんな宅建の試験に合格して資格を得るためには、宅建専門のスクールや専門学校に通信講座、独学といった方法で学ぶことが可能でしょう。より知識を深めて広範囲を学びたい場合には専門学校で学ぶことがお勧めで、自分の都合に合わせて効率的に学ぶなら通信講座が良いです。また、コストを抑えたいなら独学といったように、それぞれの方法によってメリットなども異なってきます。専門学校では学ぶためのコースは種類も豊富ですし、通信講座ではさらにバリエーションが豊富となっているため、そういった方法でも自分の条件に合ったものを選択する必要があります。それゆえにそういった方法を利用したい場合は、最初から一つの学校や講座を絞るのではなく、まずは資料を取り寄せるなどして複数の学校や講座を比較し、その中から一番自分に合った条件の良いところを選ぶようにしましょう。ちなみに比較する部分として、その学校や講座の実績や経験者の口コミなどは、選ぶ際にとても良い判断材料となります。また独学の場合は、基本的にテキストの種類などはあまり大差がないため、勉強に必要なアイテムにこだわるよりも、勉強内容やスケジュールなどにこだわります。挫折せずに勉強が進むように計画することが大切です。

就職や転職に役立ちます

宅建試験は、宅地建物取引士試験の略称です。宅地建物取引士の資格は、就職や転職の際には有利になります。宅建試験に合格するには、単語カードや語呂合わせなどの暗記中心と過去問中心の学習を行うことが効果的です。試験直前には、専門学校等が実施する直前講座や直前模試などを利用することが効果的です。

試験内容と勉強方法

宅建の資格試験は、宅建業法、権利関係、法令上の制限、税その他から50問4択で出題されます。学習方法ですが、通信講座が効率的でおすすめです。通信講座は、独学と通学とのメリットの両方を持ち合わせた勉強法になります。